人生を変える魔法の言葉


20代の時にうつ病を発症、人生のどん底に落ちる

生い立ち、家庭環境、そして仕事の長時間労働なども重なり20代の時にうつ病を発症しました。当時は心の風邪くらいだと思っていてすぐに治るものだと考えていました。まさか治る(正確には溶解)までに8年もかかるとは思いもしませんでした。

うつ病を発症してしばらく当時お付き合いしていた彼から理由もなく婚約破棄されうつ病の症状は悪化して会社も退職しました。

 

ほぼ寝たきりの生活になり死と隣り合わせの生活

うつ病になり心療内科からは処方できる最大量の抗うつ剤を服用していました。カウンセリングも併用してなんとか起きてお風呂に入ったりするなど日常生活の最低限はできるようになりました。

しかし脳の活動がかなり落ちているのかレジで買い物するときもお釣りの計算ができなかったり、ニュースや本の文章の意味を理解することもできませんでした。そんな状況が辛くいつも死にたいと思いながらの生活でした。

 

脳は言葉に簡単に騙される

起きては寝込む生活の中でテレビから聞こえる話に惹きつけられました。
『脳は言葉に簡単に騙される』

ここでは例に口角を上げ笑顔を作ると悲しい気持ちであっても脳は幸せだと感じることを言っていました。私はなんだかわかりませんが必死に言葉を探しました。

-感謝しています
-ありがとう
-嬉しい
-幸せ

ついに私は人生を変える魔法の言葉に出会いました。

人生を変える魔法の言葉

その言葉は『大丈夫』です。

そんなありふれた言葉と思う人もいるでしょう。心の底から『大丈夫』と言えるようになった時に人生を変える魔法の行動に出会いました。それらがきっかけで心療内科の医師から一生のお付き合いになると言われたうつ病が1年も経たないうちに治りました。

そして好きな人に出会い結婚し子供まで授かり人生が変わりました。私にとって『大丈夫』『人生を変える魔法の言葉』です。

 

 







2017年09月20日 | Posted in 人生, 生き方 | タグ: No Comments » 

関連記事